1. HOME
  2. セミナー・イベント情報
  3. セミナー:コンタクトセンターにおけるAIの活用について

セミナー:コンタクトセンターにおけるAIの活用について

コミュニケーションチャネルのデジタル化により顧客と企業との接点は多様化し、さらにはAIを活用した次世代コミュニケーションによりコンタクトセンターにおいての運用スタイルも変わりつつあります。
「AIはどのようにコンタクトセンターで活用できるのか」
「実際に活用している事例が知りたい」
本セミナーでは、AIとコンタクトセンターをテーマとした業界有識者による講演会を開催いたします。

皆さまのご参加をお待ちしております。

開催日程

日程 2017年9月26日(火) 13:30~17:00 (受付開始13:00)

会場情報

開催地 東京
会場名 SCSKサービスウエア株式会社
セミナールーム
東京都江東区豊洲3-2-24 豊洲フォレシア12階
アクセス 地下鉄有楽町線「豊洲」駅、「1C出口」より徒歩2分
ゆりかもめ線「豊洲」駅より徒歩6分
http://www.scskserviceware.co.jp/company/office.html

セミナー内容

1.主催者挨拶

一般社団法人日本コンタクトセンター教育検定協会 理事長 出張 勝也 氏
(株式会社オデッセイ コミュニケーションズ 代表取締役 社長)

2.講演

Ⅰ.「コグニティブ/Watsonにおけるビジネス新時代―コンタクトセンターでの活用」
日本アイ・ビー・エム株式会社
グローバル・ビジネス・サービス事業部 パートナー 鈴木 至 氏

人工知能ブームの中で、コンタクトセンターをはじめとして多くの活用事例が報告されています。

単なる省力化ツールの実装にとどまらず、知識の可視化、ナレッジ共有などを通じて大きなビジネス効果を生み出す起爆剤です。本講演では、コグニティブ/Watson技術をコンタクトセンターに適用することで、データの価値をビジネスに活かすためのヒント、検討の進め方について、これまでの実用化事例のノウハウを含めてお伝えします。

Ⅱ.「AIと人の協働がもたらす顧客体験向上と働き方改革」
SMBC日興証券株式会社
東京コンタクトセンター 部長 稲田 英樹 氏

顧客体験の向上や働き方改革はテクノロジーの導入だけでは実現できません。
新たなテクノロジーと、積み重ねられた顧客サポートノウハウとの融合、協働により、成果を挙げるSMBC日興証券コンタクトセンターのAI活用事例を紹介いたします。

Ⅲ.「AI(チャットボット)の育て方・使い方 事例紹介」
SCSKサービスウェア株式会社
デジタルコミュニケーション部 新規サービス開発課 係長 斎藤 弘光 氏

チャットボット活用のポイントは導入後にいかに知識データベースを充実させるのか
言い換えれば、「育て方」こそが最も重要と考えます。
「役に立つ」「使ってもらえる」チャットボットにしていくために、BPOベンダーである
SCSKサービスウェアの取り組みや事例をご紹介いたします。

参加申込み方法

申込み方法 申込フォームより必要事項を入力の上、お申し込みください。
申込締切 9月20日(水)
※お申込多数の場合は、受付を途中で終了する場合がございます。
定員 70名
参加費 会員企業:無料
一般企業:1,000円(税込)
※当日会場で現金にてお支払をお願いいたします。
参加票 申込フォームご入力後に届く自動返信メールが参加票となります。
印刷して当日会場へお持ちください。
注意事項 ・受付の際に、お名刺を1枚頂戴いたします。
・申込状況・主催者都合等により、内容の一部が変更となる場合があります。
問合せ窓口 セミナー事務局 TEL:03-6435-7282 (平日 10:00~16:00)
E-mail:mail@conken.org

申込みフォームへ

このページの先頭に戻る